sheep-2254055_960_720


「こうでなければならない」

「~すべきだ」

「こうあるべきだ」




このような考えが

あなたに依存心執着心を持たせます。




手放すためには、

それらの考えを持たないあなた

想像することです。


「こうでなくても良いならどうだろう?」

「すべきではないとしたら?」

「その状態でなくても構わないとすると?」



心の乱れる原因は

いつも思考に存在しています。


あなたがその思考を持たなければ、

いつでもここに静寂を戻して

あるがままの現実を受け入れることが出来るのです。


思考によって心が乱れているから、

現実そのものを受け取れなくなって

抵抗するようなことにもなっていました。


抵抗すれば苦しくなるのは当然のことです。

よってあなたは、

ますます執着心を強めてしまいます。




願いが叶っていなかったとしても、

ここにはすべてが揃っています。


現にあなたは困っていないのですから。


困っているから願っている?


いいえ、あなたは今ここで無事に生きています。


やはりこの瞬間は、

何も困っていないのです。


そうすると、

「こうあるべきだ」という思考は

本当に必要なのでしょうか?



ここに完璧なあなたが存在しているのに、

また違うあなた(現実)でないといけない理由は

どこにありますか?






最後までお読みくださいまして、
ありがとうございます。

『これからも読みたいよ~』と思っていただけましたら、
下の2つのバナーをクリックして頂けると、嬉しいです。
皆さまの応援が、ブログ更新の励みになっています。

※クリックは一日一回有効です。

あなたが今日も幸せでありますように。



にほんブログ村

人気ブログランキング

猫月 美々の電子書籍はこちらから購入出来ます。

※Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited』でも読めます。