他人がどう思うかは、考え過ぎない方がいい。

周りの評価というものを

気にし過ぎない
ことです。


傍若無人に振る舞えと

言っているわけではありません。


喜んで貰おう、

親切にしよう、

優しくしよう、

という意識を持つことは重要です。


迷惑が掛かると分かっていて、

そのようなことをするのは

避けた方が良いでしょう。



けれども、

「嫌われたらどうしよう?」

「悪く思われたらどうしよう?」

と考える必要はない
のではないでしょうか?




他人の思考は、その人に任せよう!

その人が感じることは、

その人が自由に思うところです。


「良く思われたい」という気持ちは分かりますが、

それは相手の感情をコントロールしようとする

考え方
でもあります。


すると相手の潜在意識は

これを拒絶したくなる
のです。




「好かれたい」と思うのを辞めたら、好かれるようになる!

多くの人に好かれている人は、

優しくしたい、喜ばせたいと思っていても

「好かれたい」とは

思っていない
のではないでしょうか?


「~したい」と思っている限り、

それを切望する状態を

引き寄せ続けてしまう
ことにもなって、

人から好かれていると感じることも

出来なくなります。



周りの評価に怯えず、

あなたらしく自由に振る舞うことで、

周りの人たちもまた、

あなたの前で自由に振る舞えるようになり、

かえって良好な関係を

築くことが出来る
ようになります。






最後までお読みくださいまして、
ありがとうございます。

『これからも読みたいよ~』と思っていただけましたら、
下記バナーをクリックして頂けると、嬉しいです。
皆さまの応援が、ブログ更新の励みになっています。



にほんブログ村


人気ブログランキング



猫月 美々の電子書籍はこちらから購入出来ます。



※Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited』でも読めます。