最近、実写映画が公開されて、

話題となっている漫画、『鋼の錬金術師』

次のような言葉が出て来ます。


「一は全、全は一」という言葉です。






はじめて

『鋼の錬金術師』を読んだときには、

私はまだ

引き寄せの法則を知らなかったような気がします。


今、また、話題になっていますけれども、

随分前に連載されていた漫画ですからね。



最近、読み返したときに

この、「一は全、全は一」という言葉に触れて、

ハッとさせられたのですが、

今日は、その時に考えたことを話します。




「一は全、全は一」


これはまさしく、

引き寄せの法則で言うところの、

「世界は、私そのものである」

という思想に、通じているのではないでしょうか?




漫画の意味するところは、

実際に読んで、納得して頂く
として、





私の考える、引き寄せ的世界観を語りましょう。





「現実は、私の思考が投影された世界」です。


ですから、

私が観ている世界(私が体験している世界)は、

私の思考そのものであると考えられます。



つまり、

世界は私であり、

私が世界でもある
のです。


まさしく、

私=世界だったということ。


この引き寄せの法則的な世界観が、

『鋼の錬金術師』に描かれていた

「一は全、全は一」という思想に繋がりました。




もっと広域な話をしましょうか。


それぞれの思考が創り出した世界は、

寄せ集まって、重なり合って、

もっと大きな意味での

「この世界」を構築しています。



広い意味での「世界」でも、

やはり、あなたが「世界」であって、

「世界」はあなた
なのでした。




しかし、同じように考えみると、

あなたは、「誰か」であり、

誰かは、「あなた」である


という思想を導き出すことも出来ます。


あなたの現実に存在している「誰か」は、

あなたの思考を投影しています。


そして

誰かの現実に存在しているあなたもまた、

「誰か」の思考を投影した存在
なのです。



それぞれの人の思考が

相互に関係し合いながら、

この世界を築いている
と言えますね。




というようにして、

これ以上語っていくと、

段々と禅問答哲学のような

難しい話になってしまうので、

この辺で終わりにしておきましょう。




引き寄せの法則を扱ううえで、

「世界は、私そのものである」

という感覚を理解出来るかどうかは、

その後のあなたの人生に

大きな影響を与えます。


世界と私の間にある垣根を取り払い、

「世界は、私そのものである」ことを認めると、

「私次第で、世界を変えられる」偉大な力を

手に入れられるから
です。


思考が現実化するのですから、

現実はあなたの思考次第
ということになります。


世界のすべての責任を

自分の思考に求めれば、

あなたはこれから、

もっと自由に生きられるでしょう。


その考えの元になるのが、

「世界は、私そのものである」という思想だったのです。




私自身も、

この考え方をすんなりと受け入れられるようになってから、

現実が随分と変わったことを体験しています。



私の場合は、

ある瞬間に、これを唐突に理解することになったのですが、

それも、普段から

引き寄せの法則について考え、

思考と向き合い続けた結果
だったのでしょう。




時には哲学者のように

「世界は、私そのものである」という思想と、

じっくりと向き合ってみてはいかがでしょうか?


それが、

あなたの願いを叶えたり、

あなたが幸せに生きていく
ことに対して、

十分な効果を発揮してくれることになります。


一見すると、

願いを叶えることとは無関係であるような思考が、

「簡単に願いを叶えられる」思考へと

導いてくれることもあるのです。





なお、漫画『鋼の錬金術師』は、

「一は全、全は一」という言葉以外にも、

様々なことを学べる漫画です。


『鋼の錬金術師』を読後、

あなたは次のようなことを自然と考え始めているでしょう。


「人間とは何か?」

「生きるとはどういうことか?」

「命とは?」

「国や世界とは?」

「人と人との関わりとは?」

「仕事とは?」

「思考とは?」

「私はどのように生きていくのか?」





よく泣ける漫画でもあります。


感動出来る場面が沢山描かれていますので、

それだけでも

思考に良い影響を与えることが期待出来るでしょう。



ただでさえ

読むと思考に沢山の影響を与えてくれる漫画です。


今回の『引き寄せの法則的な世界観』について考えながら

漫画を読み進めたとしたら、

あなたはどんな新しい思考を手にするのでしょうね?



ストーリーも素晴らしく、
大人が楽しめる漫画ですから、是非あなたも読んでみてください!




「鋼の錬金術師」の良さは、映画でも、アニメでもなく、原作の漫画で最も良く味わえます!
  
現在上映中の実写映画をご覧の前にも、漫画を読んでおいた方が良いでしょう。




※次の2記事もおすすめです。今日の内容と関連しています。
★引き寄せの世界観を理解して、願いを叶えよう。
★世界は、私そのものである。その感覚が何でも引き寄せてくれる。



最後までお読みくださいまして、
ありがとうございます。

『これからも読みたいよ~』と思っていただけましたら、
下記バナーをクリックして頂けると、嬉しいです。
皆さまの応援が、ブログ更新の励みになっています。



にほんブログ村


猫月 美々の電子書籍はこちらから購入出来ます。



※Amazonの読み放題サービス『Kindle Unlimited』でも読めます。